スポンサーリンク

こんにちは!香織です。

アロマテラピーを始めようと思って、まず一つの壁になるのが、アロマオイルの価格ではないでしょうか?

 

色々なアロマオイルを揃えたいと思うと結構お値段かかっちゃうんですよね。

好きなオイルはすぐに無くなってしまうので、買い足さなくてはいけないし…

 

そんな中、100円均一でアロマオイルを見つけたら「やす~っ!これ使っちゃいたいんだけど!!!」ってなりますよね(;^_^A

でも、「100円のアロマオイルって本当に大丈夫???」っていう疑惑もぬぐえません。

 

そこで今回は、100円アロマオイルの中身と、上手な使い方についてご紹介します!

 

 

100円アロマオイルの中身

 

アロマテラピーで使うアロマオイルは、天然成分100%であることが大前提です。

天然成分の薬理効果が体に及ぼす作用を利用する療法であるため、人工的に調合された化学成分でできたオイルを使うことは理に反しています。

 

小瓶1本ぶんのアロマオイルを抽出するために、原料となる沢山の花、樹木、葉などが必要です。

そのため、一番メジャーなラベンダーでも、5mlで800~1,500円というお値段が付いています。

 

なので、この記事を読んで下さっている皆さんは薄々、もしくはハッキリと気が付いていると思いますが、100円のアロマオイルは、アロマテラピーでは使えません(>_<)

 

というのも、100円のアロマオイルの中身は、天然成分はほとんど入っておらず、界面活性剤やアルコール、エタノール、精製水などに香料(天然でないもののことが多い)を加えたものになります。

これらの原料から、アロマテラピーで必要な薬理作用を得ることはできません。

安いのには、安いだけの理由がありました。

スポンサーリンク

 

でも100円アロマオイルも上手に使うことによって、生活に取り入れることが可能です!

それでは、100円アロマオイルの上手な使い方についてご紹介しましょう♪

 

 

100円アロマオイルの上手な使い方

 

100円アロマオイルは、薬理効果は全く期待できませんが、香りを楽しむだけだったら十分活用できます。

市販の香水、柔軟剤、消臭剤などの香りも、人工的に調合されたものですが、普通に使われています。

 

実際、100円アロマオイルには「香りを楽しんでいただくためのものです」といった注記がパッケージに記されていることが多いようです。

そのため、肌に直接触れるような使い方は避けた方がよいでしょう。

なので、お掃除の時などに消臭目的で活用するのが一番のおススメ(*´▽`*)

 

100円アロマオイルの中身、実は、市販されている消臭剤から消臭成分を抜いたものと同じなんです。

消臭剤の中身は、消臭成分に界面活性剤、エタノール、香料などを加えたものになります。

消臭力などの置型消臭剤や、ファブリーズなどのスプレー式消臭剤も濃度は違いますが、消臭成分以外、100円アロマオイルと入っているものはほとんど同じです

 

なので、発想の転換をして、消臭機能がある物質に100円アロマオイルを加えたら、市販の消臭剤に近いものができると考えられます。

 

例えば重曹。

重曹は嫌なニオイを吸着してくれる働きがあるので、お好みの香りの100円アロマオイルを重曹に加え、玄関などに置いておくだけで、自分好みの香りの消臭剤ができあがります(≧▽≦)

 

また、重曹には研磨剤と同じ働きがあるので、重曹+100円アロマオイルを加えるだけで、自分好みの香りの研磨剤ができあがります?

 

驚くほど手軽に好きな香りの消臭剤や研磨剤が作れちゃいますよ!

 

 

まとめ

100円アロマオイルはアロマテラピーには使用できませんが、重曹に加えることで自分好みの香りの消臭剤や研磨剤を作ったりすることができます(^▽^)/

 

100円アロマオイルの中からお気に入りの香りを見つけた時は、是非試してみてください(^▽^)/



Amazonでアロマオイルを見る
楽天でアロマオイルを見る

◆RHKトータルアカデミーとは???◆自宅に居ながら手軽に資格取得ができる、多数のジャンルで通信講座が低価格!

アロマオイル通販

【注意事項】

アロマオイルを購入するときは「精油」(純粋に天然のものから精製されたオイル)と書いてあるものを選びましょう。化学物質で香りをブレンドされた天然由来でないものもアロマオイルとして販売されている場合があるので注意しましょう。

アロマオイルは成分が大変濃縮されたオイルです。肌に塗ったりする際は、必ず薄めて使用しましょう。

※お年寄りや既往症がある方は、敏感な体質の方は、香りに反応しやすいこともあるので十分注意して使用しましょう。また、妊婦、3歳未満の乳幼児にはアロマオイルの使用は控えましょう。

※レモン、グレープルーツなどのアロマオイルには、光毒性があり、皮膚に塗布した状態で日光などの強い紫外線と反応することによって、皮膚に炎症をおこすこともあるので、十分ご注意ください。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています