スポンサーリンク

こんにちは! 香織です。

今回はやる気が出るアロマオイルを厳選して5つご紹介します!

 

日々生活していると、「どうしても今日はやる気が出ない~↓↓↓」なんていう日が必ずありますよね。

特に女性は、ホルモンバランスの関係で、生理前は体がだるく、やる気が出なかったりします。

男性でも、疲れているけど、ここ一番でやる気を出さないといけない場面ありますよね(;´Д`)

 

そんな時、きっと役に立つ、やる気が出るアロマオイルをご紹介します!

 

グレープフルーツ

甘みのある爽やかな香りのグレープフルーツ精油。

交感神経を刺激し、無気力な気持ちを上向きにしてくれます。

それに伴い、やる気を取り戻してくれる効果が期待できます。

グレープフルーツ精油は脂肪燃焼効果も有名です。

 

【使用例】

徹底的に元気、やる気が出る!かんきつ尽くしのコロン

気持ちが上向くかんきつの香りを集めたコロンを作りましょう。

無水エタノール5mlに、グレープフルーツ精油3滴、ベルガモット精油2滴、レモン精油1滴を加え、よく混ぜます。精製水25mlを加え、さらによく混ぜます。スプレー容器に入れて、やる気を出したい時に、自分のまわりにスプレーしましょう。

コロンは1か月以内に使い切りましょう。

グレープフルーツ精油の効能-爽やかでフレッシュな香り

 

 ジュニパーベリー

まるで森林浴をしているような爽やかな香りのジュニパーベリー精油。

成分のα-ピネンが脳の血流を促進して、気分をリフレッシュさせてくれます。

そして、色々なことにチャレンジするやる気を引き出してくれます。

森林浴に行くと、気持ちがリフレッシュして、「明日からまたがんばろー」っていう気持ちになりますよね。

それと似た作用が働くと考えられます。

 

【使用例】

ジュニパーベリーの芳香浴で森林浴気分🎵

 

お家に居ながらにして森林浴気分が味わえる、ジュニパーベリーの芳香浴で、気分をリフレッシュして、やる気を取り戻しましょう!

アロマライトにジュニパーベリー3滴をたらして、スイッチを入れます。お好みでライムやローズマリーなどをブレンドすると、また別の爽やかさが加わって、脳が刺激され、やる気スイッチが入るはず(^▽^)

ジュニパーベリー精油の効能-突き抜ける森林の香り 

 

スポンサーリンク

ジンジャー

日本人にはおなじみのショウガ。

そのショウガから抽出したジンジャー精油は、心とからだを温める作用があります。

精神的に疲れていたりして、心が冷え冷えとしている時に使用すると、温もりがよみがえり、気力を充実させてくれる効果があります。

 

【使用例】

身も心も温まる足湯🎵

ジンジャーの力で身も心もあたたまり、活力を取り戻しましょう!

洗面器に40~45度のお湯を入れ、ジンジャー精油1滴をたらします。良くかき混ぜて、両足を浸します。差し湯をしながら、10分程浸かりましょう。身も心も温まります。

ジンジャー精油の効能-スパイシーで鋭い香り 

 

ローズオットー

私は、ローズオットーの香りを嗅ぐと、自分に対しての自信が充実し、気持ちが前向きになり、やる気を取り戻すことができます。この香りに何度も助けられました。

効能としては、鎮静作用と高揚作用の両方があるため、精神のバランスを立て直し、心を強くしてくれる働きがあるといわれています。

高価な精油ですが、手元にあると安心できる、優れた精油です。

 

【使用例】

いつもそばにローズの香りを!ハンカチでの芳香浴

どうも気分が優れず、やる気が出ない日は、お出かけの前にハンカチにローズの香りを染み込ませ、いざという時に使いましょう。

シミになってもいいハンカチに、ローズオットー精油1滴をたらします。ここぞという時に、ハンカチを顔の前で扇ぎ、香りを漂わせます。心がほぐれて、前向きになり、徐々にやる気が出てくるでしょう。

ローズオットー精油の効能-気品漂う優雅な香り

 

クラリセージ(女性向け)

クラリセージの成分の1つであるスクラレオールは、エストロゲン様作用があります。

エストロゲンとは女性ホルモンの一つ。

生理前の諸症状や、更年期障害の諸症状の緩和に効果があります。

生理前、体がだるく、どうしてもやる気が起きない時は、クラリセージの香りで、症状を和らげましょう。

やる気も徐々に取り戻すことができるはずです。

 

【使用例】

生理前の諸症状に効く!クラリセージの手浴

生理前、体がだるい時は、クラリセージの手浴で乗り切りましょう。

洗面器に40~45度のお湯をはり、クラリセージ精油1滴をたらします。よくかきまぜたら、両手首までお湯に浸します。5分程で上半身が温まってきます。

気が付くと身も心も温まり、心も体も軽くなり、やる気を取り戻すことができるでしょう。

クラリセージ精油の効能-甘く懐かしい草原の香り

 

まとめ

やる気が出る!アロマオイル5

グレープフルーツ

ジュニパーベリー精油

ジンジャー精油

ローズ・オットー

クラリセージ

 

この記事を書いてる間、「やる気スイッチ」ということばを流行らせた、とある塾のCMの「やる気スイッチ~」(コーラス風)という歌が頭の中でエンドレスで流れていました(^-^;「やる気スイッチ」自分にもあったら便利ですよね。

 

私は、アロマオイルを使うと、バチッとやる気スイッチが入る時があります。特に、今回ご紹介した、グレープフルーツやローズオットーは、私にとってやる気スイッチが入りやすい精油です。

 

みなさんも、自分に合った、やる気スイッチを入れてくれる精油を見つけて、是非活用してみてくださいね♪



Amazonでアロマオイルを見る
楽天でアロマオイルを見る

◆RHKトータルアカデミーとは???◆自宅に居ながら手軽に資格取得ができる、多数のジャンルで通信講座が低価格!

アロマオイル通販

【注意事項】

アロマオイルを購入するときは「精油」(純粋に天然のものから精製されたオイル)と書いてあるものを選びましょう。化学物質で香りをブレンドされた天然由来でないものもアロマオイルとして販売されている場合があるので注意しましょう。

アロマオイルは成分が大変濃縮されたオイルです。肌に塗ったりする際は、必ず薄めて使用しましょう。

※お年寄りや既往症がある方は、敏感な体質の方は、香りに反応しやすいこともあるので十分注意して使用しましょう。また、妊婦、3歳未満の乳幼児にはアロマオイルの使用は控えましょう。

※レモン、グレープルーツなどのアロマオイルには、光毒性があり、皮膚に塗布した状態で日光などの強い紫外線と反応することによって、皮膚に炎症をおこすこともあるので、十分ご注意ください。

スポンサーリンク